Do you hear the people sing?

Posted by Anna(旧:Noa) On 2013年5月28日火曜日 0 コメント

少し前の事になりますが、今年の1月、ちょうど映画レ・ミゼラブルのこの記事を書いている時のことでした。
↑は『民衆の歌』を聞きながら、テンションが上がりに上がって一気に書き上げた記事なのですね。
記事投稿後もPCに向かいながら作業していたのですが、
ずーっと頭の中で「民衆の歌」がエンドレスリピートしてまして。
同じ曲をずっと聞いてたら良くある現象だと思うのですが、
なんだかこの時は脳内ミュージックのボリュームがどんどん大きくなるのです。
「自分、どんだけレミゼ熱すごいのよw」と最初の0.1秒ぐらいは思ったのですが、、、
すぐさま異変に気づきまして。

実際に大勢の人が耳元で歌っているというか歌の節に合わせてそれぞれ何かを叫んでいるような感じに聞こえてきたんです。
それで、「あ、、何か(視えない人達)来ちゃってる?!と意識した瞬間、
もう耳をふさぐような大合唱で、体もピクリとも動かせないような感じになっちゃいまして。。。笑

耳を澄ませてチャンネルを合わせようとすると、はっきり言葉が聞こえてきそうだったのでそれは怖くてというかどうなるか分からなくて、必死に民衆の歌の歌詞に集中してました。
短い時間だったのかもしれませんが、体感としてはすごく長く感じました。。
無理やり振りほどくこともできたのかもしれませんが、
振りほどいてはいけない感じもして(受け止めることで彼らの慰霊になる)
ただその大勢の方々が過ぎ去るのをじっと待っていたのです。

魂的にフランスともご縁あると思うので、フランス革命や二月暴動で亡くなった方の魂たちがきちゃったかな?と最初は思ったのですが、、やっぱり土地柄的な事を考えるとこれは戊辰戦争で亡くなった方たちだったのでは?と気づきました。

で、彼らが伝えてきたことというのは、非言語メッセージだったのですが
「誇り」と「怒り」「憤り」のようなものが複雑に絡みあったものでした。
私自身の魂が「自由と情熱」「誇りのために戦う」というテーマを持っていて、そういう人たちとコンタクト取りやすいのかもです。笑

そんな一件があってからというもの、戊辰戦争の癒しというのは、会津の土地を癒すという意味ではやっぱり避けては通れない、 最重要項目なのかもしれないなと思うようになりました。
戊辰のエネルギーというのはマダマダ深く残っているなあと、 ここで生活しているととてもよく感じるのです。

もちろん、会津側だけでなく新政府軍側で亡くなった人や会津藩が戦いによって蹂躙してしまったものや人も知って行かなければいかない、深く受け止めていきたいと思います。
一部の会津人の「薩長いまだに許せん」的な気持ちにはずっと冷めた気持ちでいました。
歴史を良く見ないで戊辰の悲劇だけ取り上げて会津至上主義みたいに言っている地元の人達は苦手です。

学校の行事で小学生の頃参加した飯盛山でのイベント。一般の方々も参加していて、観光客とおぼしき夫婦に、地元の大人が「どちらからいらしたんですか?」と問いかけていました。夫婦の出身地は覚えてませんが(笑)その時の地元の大人の「長州じゃなくてよかったね。」という言葉に、子供ながらに怒りと恥ずかしさを覚えたのです。
わざわざ遠くからこんな僻地に来てくれているのに、そんなこと言うなんて…信じられない気持ちでした。


会津のこの薩長に対する癌のような考え方も癒していかなければならないですね。
どんな状況も慈愛と赦しが根本にあるのだから…。

あの時話しかけてきた大勢の見えない方々、薩長を恨んでいるとかそういう怒りではなかったように私は感じました。
「自分たちは誇りを持って戦ったんだ。」というそれだけなのですよね。双方の曲解で散って行った人たちの誇りを穢してはいけなのかもしれないですね。

せめて埋もれてしまった微かな囁き声を、丁寧に砂を掃い優しくひろいあげてゆきたいものです。
今後は古代だけでなく、ここにもきちんと向き合っていきたいです。
この土地に生まれたものとして、戊辰の癒し…アースワーク、巡礼もしていきたいと思っています。


全ての魂とこの土地に、
愛と感謝をこめ。



Noa

Liliumさんの女神ブレス♡

Posted by Anna(旧:Noa) On 2013年5月25日土曜日 0 コメント


奈良のアクセサリー作家Liliumさんに、作成をお願いしていたブレスレットが先日届きました~~!!
きゃ~~~!すてきすぎますっ(//∇//)
女神セクメットのイメージなんですって♡♡♡
女神カードのこのセクメット大好きなのです。獅子×女神のモチーフってなんか気になるのですよ、一説にはセクメトはシリウスの女神だというのも何かで見たような気もします。

使用して下さった石はモルガナイトの大きなタンブルと、フォスフォシデライト。
はぁ~♡ため息がでる美しさですっ!!!!
フォスフォシデライトには「光を運ぶもの」という意味があるそうです。
フォスフォシデライトのこの淡いパープルがハートと上のチャクラにふわっと入って包んでくれるようなイメージです。
少し前までは身に着けるアクセサリーも、はっきりとした青か赤だったのですが(笑)
最近「愛」や「慈愛」「許し」について考えることが多く、 赤と青の中間である「紫」というカラーにとても惹かれていました。
なのでフォスフォシデライトとモルガナイトの組み合わせのこのブレスは本当にぴったりで!
ちょうど欲しかったものそのままで吃驚しちゃいました。
また使用して下さった金具はシルバーに金を吹き付けたもので「宇宙」という名前がついていたそう♡
まさにセクメト様って感じで素敵です~!



頂いたメッセージにもうるうるきちゃいました。
Be Strong♡ 
自分らしく進んで行こうと思います^^
  

ふふ、奈良のLiliumさんとの出会いは3月の西への巡礼旅の時。
Mariaさんたちを介してお会いさせて頂きましたが、
皆さんのつけているブレスがとっても素敵で♡それを作っていらっしゃる方がリリーさんとのこと。
合流した時からとっても素敵な方だな~と思っていましたが、
なんとその後リリーさんがソウルメイトさんだったということがわかりまして^^
やっぱり是非ブレスお願いしたい~!と注文させて頂いたのです。

ホームページやブログで紹介されるアクセサリーの美しさ、リリーさんの魂の美しさをそのまま表しているようです。
自分もリリーさんに恥じないようなアクセサリーを紡いでいきたいものです^^


ぜひ皆さんLiliumさんのホームページ覗いてみてくださいネ♡
http://liliumcrystal.web.fc2.com/index.html




◇ ◇ ◇ ◇ ◇  ◇ ◇ ◇ ◇ ◇   

そうそう私、元々ヴィンテージなどのコスチュームジュエリーなどのアクセサリー好きだったこともあり、自分で作るのも好きだけど、アクセサリー観たり買ったりするのは大好きで♡
デザインが素敵で、更には石と心が通い合ってる人の作るアクセサリーは大好物なんです。

で、下のブレスたちは其々別な作家さん作成のものですごくヘビロテさせて頂いております。
ジャスパーさんのルビーのブレス。
ヒーリングサロン「パチュリーナ」松下さんのデュモルチェライトのブレス。
不思議なことに石のアクセサリーって、作った方の魂の美しさみたいなものがそのまま反映される気がします。 そしてそれぞれ個性がある。面白いです^^


それにしてもこのLiliumさんのブレス、ほんっとーに素敵ですっ。
我が家に届いてから毎日身に着けてます(^^)/


Liliumさん、ほんとにありがとうございます♡
大事に使わせて頂きます。




Noa

埼玉県さいたま市浦和 調神社(つきじんじゃ)

Posted by Anna(旧:Noa) On 2013年5月22日水曜日 0 コメント

先日、埼玉に行った際に時間があったので浦和にお邪魔してきました。
浦和にはハトコが住んでおり、久しぶりの再会です。
そしてそのハトコに案内してもらい、浦和の調神社(つきじんじゃ)というところにお邪魔してきました。






浦和駅から南西へ約500m。旧中仙道東側に鎮座されております。
旧県社でご祭神は天照皇大神、豊宇気姫命、素戔鳴尊の三柱だそうです。
社名を調(つき)神社。地元では「つきのみやさま」と愛称されていて、
開化天皇3年に創建されたとされるという…すごい古社ですよね。
そしてここの神社の特徴は鳥居がないことと、狛犬ならぬ狛ウサギがいること♡ 

崇神天皇の時代に伊勢神宮の斎主・倭姫命が参向し、境内に神宮に献る調物を納めるための倉を建て、武総野(武蔵、上総・下総・安房、上野・下野)の初穂米・調の集積所と定められた。この際、倭姫命の命により調の運搬の妨げとなる鳥居や門が取り払われ、現在に至るまで建てられていないとのこと。

調とは『租・庸・調』の調のことで、伊勢神宮へ納める貢(調)物のこと。また斎宮(いつきのみや)に由来するという説もあるそう。

中世、調が月と同じ読みから、月待信仰に結びつき、江戸時代には月読社とも呼ば れ、月神の使いとされる兎の彫刻が旧本殿や現在の社殿に、狛犬の代わりに兎の石像 が境内入口両側にあります。

コムズカシイ話はさておき、、、

うはっwww なんだここwww
溶けちゃうんですけどwww 

って感じにすんごい自分とシンクロ率の高い神社でハァハァしてました。
特に神池のところ。相当とろけましたw
いたるところにいるウサギもめっちゃ可愛くて相当ハァハァしましたよw


そしてこの方は一体⁈
妙に気になって、パチリしちゃいました。神仏習合時のなごりでせうか。

光と水と木々のエナジーにしばしうっとりチャージされました。
御祭神は天照がメインのようですが、出雲系な感じもします。
水のエナジーを感じたのは、縄文海進のころ、この辺りも海が近かったからでしょうか?開化天皇創建というご由緒や、倭姫命が出てくるのも相当古い時代からの重要なポイントだったのでしょうね。

探求しがいがあるだけでなく、魂まで癒された素敵なお社でした。
調神社、奥深いっす♡
ご縁をありがとうございます。


Anna

詩のノート 2篇

Posted by Anna(旧:Noa) On 0 コメント


きみははだかで、ぶるぶる震えたままで

それでも必死に歩こうとしている

絡みついたいばらのトゲに
 
足の裏をひどく痛めても

あふれ出る血の赤が、泣きたいぐらいに鮮やかだ

そうして、うすべにとむらさきのまん中に立って

強さは、やはらかさであるということを

きみは世界に示し続けている

今日きみは再びうまれた

黄金に光る朝焼けと、ダイヤをちりばめた夜のすきま

天使たちのラッパをみちしるべに

きみは、泣きながら歩いているんだ


◇ ◇ ◇  ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇




ぼく、は

そこからは見えない場所に来てしまっただろうか

星くずの谷間 ラヴェンダーいろの木々が囁いている

あの頃よりか すこしだけピンと伸びた指さきから

またひとつぶ 星の砂が転がり落ちる

心臓の奥のほうにはちきれんばかりの 愛が座っているのに

まだ少しだけ扉をたたく手は震えている

ぼく、は

いつだってこの地球では子供のまんまだ

震える手、震える足、ゆっくりと地平線をけりあげて

真夜中、体から抜け出したらペガサス座の方角できみや、きみとも逢えたらいい

そうしたらきっと躊躇うことなく扉を開けて

むらさきの閃光に身をゆだねられるの



◇ ◇ ◇  ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 May 21th 2013



Noa

変容の時期と星と石と

Posted by Anna(旧:Noa) On 2013年5月14日火曜日 0 コメント


なんか最近周りのみんなが変容の真っ最中っぽい。

みんな、どんどん変化してってるな〜、ほんとすごい。
そして私もそんな感じで、いろんなことを結構がっつり見直し中です~。
実は久々にしんどい時期だったりしますが、これを越えたらまた綺麗な景色見れるわと思うとドキドキもしてます^^
でも色々考えてたら知恵熱出てたりしてさっき迄ダウンしてました。笑

さてさてそんなこの時期、イリゼさんの西洋占星術の講座を申し込みました。
占星術はずっと勉強してみたかったのですよね~。タイミングはちょっとずれたけど(笑)夢は叶うんだな~感激しました。
占星術にハマってた当時読んでた本とか、占星術に関する昔のメモとか引っ張り出して改めて読んでます。意外と自分独学でそこそこ勉強してたんだな。(いや、そこそこだけど・笑)

そうそう私、sabian占星術で太陽の度数が魚座の12度「ホワイト・ブラザーフッドの神殿で、新しくイニシエーションをうけたメンバーが、性格をテストされている」というものだったのですが、あの頃は何のこっちゃでしたが、今になってなんかすごく分かるような気がするのですよね~。



ところで最近はなんかしらの石を体に乗っけて寝てますが、今日はレピドライト(写真手前)とドロマイト(写真奥)を乗っけてみようかな。
このドロマイトちゃん、派手さはないけどパイライトがキラキラ共生していて、とっても優しげで強すぎず(でもとてもエナジーチャージしてくれる)すごく好きな子なのでふ☆
石たちはどの子もほんと可愛いやね~。

ではではそろそろ夢の世界に旅立ちます~。
皆様良い夢を♡


Noa

五芒星と色情霊

Posted by Anna(旧:Noa) On 2013年5月12日日曜日 2 コメント

   『The Nightmare 』painted by Johann Heinrich Füssli

少し前に不思議な夢を見ました。
夢の中で私は妹にこっそり遠隔でエネルギーを送っているのですが
六芒星と五芒星のシンボルを使ってエネルギーを送ってみたらどうなるだろう?」と思って実際それぞれ送ってみるのですww

で、六芒星のほうはその時はあんまり手ごたえを感じなかったのですが、今度は五芒星で送ったのです。そしたらビンビンにエネルギーが流れていくのを感じたのです。
六芒星の方が微細なエネルギーで五芒星の方が荒い(感じやすい)のかもな~と感激していたら、そこに妹が駆けつけてきまして(笑)
こっそり妹の体で人体実験してた私は「やばっww」と知らないふりを決め込むのですが、
あんた今何かエネルギー的なものおくったでしょ!!」とブチ切れられまして・・・。笑
それでも知らないふりを続けていたら、妹から「あんた!五芒星は諸刃の剣なんだからっ!注意して使ってよ!!」と言われて、へ~、もろ刃の剣か~とか思いながら目が覚めたのです。

=====================

で、それがタイトルの色情霊とどう関わってくるのかなんですが、
こんなこと言うのもちょっとなんですが、私20代前半?の頃に、
しばしば色情霊の被害にあっておりました。ええ、性的な意味で(笑)

色情霊(淫魔)っていうのはいわゆる、肉体がなくなってもエロガッパ根性が抜けない低級霊のことでして、死んでもなお生きてる人の肉体に固執して悪戯したり、コトにいたろうとするんです。
で、見た目とか雰囲気はすっごい美男美女だったり、
心地よいほわほわした感じのエネルギーだったりするんですが、
化けてるだけなんで本当の姿はロクなもんじゃないです。

最初のころは自分がエロ過ぎるせいで頭がちょっとおかしくなっ
リアルすぎる白昼夢(金縛り付)見るんだと思って誰にも話せずいたのですが、
オーラの泉で奥田瑛二が幽霊とセックスしたって話をしてるのを見て、(露骨でスイマセン)
「ああ!これだ!!!!!」と思ったわけです。

その頃の自分、すっごく精神的に不安定で…エロス&タナトスなものウェルカム状態だったので、
自分から呼びこんじゃったのだとは思います。(猛省)
そっから心が弱ってたり体が疲れてたりすると、そういうことがあったのですね。
妄想じゃなくて低級霊の仕業だって気づいてからは、
「ふっざけんな!」って思いながら飛び起きたこともしばしばでしたが、
白昼夢見てる間は頭が痺れてるんで、なかなか跳ね除けられないのです。

そして先日の朝方、、最近睡眠不足が続いていたためか、
ほんっとーーに久しぶりに金縛りにあったのです(;一_一)
生理的に嫌いな男性が寝てる私の傍らで何かいろいろ囁きかけてくるんです。
最初は夢!?って思ってたのですが…ほんとに誰かいるわ…という気配を感じ、
それで、なんとなく、色情系の霊かと気が付いたわけです。

でも眠気のほうが勝ってたので超絶無視してたんですが、
次の日は仕事だったんで少しでも長く寝たかったのです…この時AM4時ごろ)
耳元でなんやかんやゴチャゴチャ言っていて、あまりにも煩かったので、身を任せた方が静かに眠れるんじゃなかろうかと思ってしまいまして、、(ダメ。ゼッタイ。・笑)

ところがこの日、実は睡眠で補えないであろうエネルギーチャージをクリスタルにサポートしてもらおうと思い、胸の上や両手、背中などにクリスタルたちを仕込んで寝てたのです。
それが功を奏してかすごく頭が覚めてきて、冷静に状況を把握できたのです。
(まあでもそんだけクリスタル仕込んどいて憑かれる自分にも重々問題あると思うんですが)

そして「この存在に五芒星使ってエネルギー送ったらどうなるだろう?」とふと興味が湧いたのですネ。物は試しにと五芒星のイメージを退散の気を込めて送ってみたのです。
そしたら、それがま~~とっても効果あったようで!!!笑
スッと金縛りが解けて、その存在も消えたのです。


=====================

なんかただの陰陽師話になっちゃいましたが(笑)何が言いたいのかというと、
既に新しい時代に突入して、闇も光もポジもネガもないと思うし、
いまさら色情霊がどうのこうのとか言うのも時代遅れだと思うのですが、
新しい次元に突入したからこそ、こういうこともありますよ的な話をしておいたほうがいいのかなぁと最近ずっと思っていたわけです。

私もセクシャリティについての学びが始まった段階で、見えない領域からもこういうアタック受けると色々考えさせられます。聖なる性への道のり。まだまだ自分の中にも自分の性に対してそう思いきれない領域があって、そこにつけこまれたんでしょうね。
人間だから心に弱さや痛み、闇を抱えているのは当然です、そこを狙ってくる奴は結構いるのですよ。それは霊などの見えない存在に限らず、生きてる人間だってそうですよね。
そういう揺さぶりに対して冷静に見つめ対処して、ぶれずにいきたいですね。

そのためにもこういう存在がいるのを知っていると大きな見方ができるのかなと思っています。
私たちは光だけの存在ではないわけだし。
なので今後は自分が体験したネガな存在の話もしていこうかと思っています。


取りあえず自己防衛用にスギライト×ヌーマイトのブレス作りました。
結構ビリビリで、慣れるまで時間がかかるかも?笑


Noa

新しいサイクル、新しい場所で。

Posted by Anna(旧:Noa) On 2013年5月10日金曜日 0 コメント

突然ですが、新月の今日。ホームページをお引越ししました。
http://andromevda.jimdo.com/

ブログのタイトルもBefore The Dawnから「銀河のめざめ」に変更しました。
なんやかんやでこのブログを始めた時は、スピの世界のあれやこれやに疲れてた時期で(笑)
しばらく冬眠して英気養います…。的な意味合いもこめて「よあけまえ」というブログタイトルをつけたのですが、なんかもう最近はね、そろそろ外も明るくなってきただろ目ぇ覚ませよ!って思うようになりまして…(笑)エイッと変えてみたわけです。

HPも長年親しんだこのドメインから新しい場所へ。
メモ帳で最小限の知識でデザイン作ってると結構更新が疎かになるのですよ~~~。
こちらは更新が今までに比べると本当に楽なので、もっと空気を入れて動かしていけると思います。
でもでも長年親しんだこのドメイン消しちゃうのも寂しいので(笑)過去に描いた絵や、作成したアクセサリー、そしてほんとに昔書いてた詩などをアップする場所にしようかな~とかも考えてます。

突然で申し訳ありませんが、リンク下さっている方、ブックマークして下さってる方、お手数お掛けしますがご変更のほどよろしくお願いいたします。



Noa

西と東を繋ぐたび ③ 大和しうるはし

Posted by Anna(旧:Noa) On 2013年5月9日木曜日 0 コメント

だいぶ時間が開いてしまってすみません。
先日の西への旅行記第3弾です。
なんか奈良編は滋賀編以上に書けないことが多くて(そんな気がするだけ?・笑)書いていてあっさりとした感じになりました、、んがっ、ほんとは濃かったのよ。笑



さて初日はそんなわけで、宇治田原~滋賀をめぐり、新田辺の駅に戻ってきたのは19時ごろでした。そこから電車に揺られ、いざ奈良県!いざ三輪。


紹介して頂いたお宿、町屋ゲストハウス三輪さんに着くころはとっぷり夜も更けておりました。
藤村さんご夫妻が営むとっても素敵なお宿。ご夫妻のお人柄が滲み出ていました。
この日は丁度東大寺のお水取りを見てきた皆さんとご一緒に楽しい夕食させて頂きました♡
藤村さん心づくしのおもてなしありがとうございます。

-------------------------------

さて、次の日は大神神社の駐車場にMariaさんたちと待ち合わせですっ。


数年前、思い立って奈良へ一人旅をしたことがあったのですが、その時ぶりの大神神社、数年前と違って沢山の人で賑わっていました。

大神神社を後に、三輪山の登拝口のある狭井神社へ。
狭井神社の鳥居を潜ろうとしたら頭上から木の葉やら枝やらが降ってきました。
龍さんが飛び回っているかのような物凄い風が吹いていました。
龍さんがエキサイトしてるっぽいと(笑)なんだか不思議と「嬉しい~~!」っていう気持ちが湧いてきちゃいますww



うーん!写真からでもご神気が伝わりますね。
奈良の大地は何か静かに私の魂に語りかけてくる感じがします。

以前は怖いイメージのあった狭井神社の鎮女池も、と~っても綺麗な光がお宮に射していてとても清らかなエナジーになってました^^

ご挨拶させて頂き、後ろを振り返るとお宿でお会いしたインド舞踊の女性と早すぎる再会をしたりとびっくりです。笑



その後ランチに、桜井駅の近くにあるMAGIC×MALETさんへ。
すご~~くおいしかった!お店に入って暫くしたらびっくりする程の豪雨になって、、、まるで本当に龍が喜んでるみたいです(笑)



昼食後、前日に耳成山に行かなきゃいけないような気がして(耳成山とオリオンに関するワードがちらほら出てきていました)あまり良いイメージの無い場所だったのでおっかなびっくりでしたが、西の皆さんも耳成山で何度かワークしていて昔の感じとは変わっているとのこと。
お付き合い頂くことに。耳成山…、畝傍山、天香具山と共に大和三山の一角をなすお山。



耳成山、実際に近くに立つと美しい甘南備型に目を奪われました。で一目で恋に落ちました。

実は私の龍の魂のカケラがここにもあったようです〜、そりゃ気になるわけですよね(笑)
インディゴブルーの水の龍。
地元の磐梯山や天河とも繋がっているようです。いつか天河にも行きたいものです。
またこの日のメンバーには香具山の龍さんの魂を持つ方がおり、龍時代のソウルメイトに再会することもでき、感激しました>_<

耳成山を降り、いざ飛鳥へ。
 

滞在時間凄く短かったのです が、憧れの飛鳥に立っていると思うと胸が高鳴ります。
いっや~~~!空気感たまらないですね!飛鳥住みたいと思いました。笑 
ドキドキしながら石舞台へ、石室の中でMariaさんと皆さんで2曲も歌わせて頂きました。感激です。



綺麗なマゼンタの光が差し込んでいてやはり高貴な方が葬られていたのだろうと。
石舞台のガイドさんからMariaさんに「ぜひ飛鳥で歌って!」とお声掛けあったので、もしかしたら飛鳥でMariaさんのコンサートが…?!実現する日が来るかも?



最後は亀石へ行ってワーク、なんかとっても可愛いっ♡
奈良でも時間めいっぱい廻らせて頂きました。

皆さんと別れ、奈良から京都駅に向かう 帰りの電車の車窓から奈良盆地をながめていました。
二上山や葛城のお山にゴールドの光が射していて、またこちらにもいつかお邪魔したいと思いました。
奈良盆地を眺めながら、意識が大地にすうっと溶けていくような不思議な感覚でした。


巡礼でも殆ど何も分からず付いていってるだけで、ままならない私ですがMariaさん、西の皆さん、そして東の仲間たち、土地のスピリットにとこうしてご縁を頂き、動かせてもらっていること、本当にありがたく思いました。ただただ感謝の旅になりました。

また近いうちに西に来るよ、みんな待っててね^ - ^

長くなりましたっ。



Noa