西と東を繋ぐたび ① 宇治川の流れを遡る

Posted by Anna(旧:Noa) On 2013年3月24日日曜日 0 コメント


3月9日、10日と西(京都・滋賀・奈良)への旅に行っていました。
去年の秋頃から漠然と春に西へまた行きたいと思っており、それを叶える事が出来ました。
ほぼ1年ぶりの西への旅行、遠隔ワークや会津巡礼でお世話になった京都のMariaさんとそのお仲間さん達とお会いする予定でウキウキ観光気分で向かったのでした。

当初の予定では初日にMariaさんたちとお会いし2日目は奈良を一人旅する予定でしたが、
2日目の予定がなかなか決まらなくて、当日のノリで決めようと思っていたら
2日目もなんとMariaさん達とご一緒させて頂けることに。。。(感激)
しかもわざわざ奈良まで来て頂きありがたい限りでしたっ。
気が付けば、観光?non non♡がっちり巡礼ワーク2daysになっておりました。
いやぁ~高次は抜かりないですネ。笑 
皆様のおかげで、普段観光では廻れないようなところも沢山廻らせて頂きました。

あちらの皆様と2日間もご一緒できたこと有難く嬉しいかぎりです^^
土地と人のご縁に感謝です。

初日は、私がメールにてリクエストしていた滋賀の三上山に行くということだけは決まっていたのですが、後はノープランだったので「どうする?」と云いながらも、あそこが気になる、行ったほうがいいかもなど…西の皆様のアンテナ大全開のパワフルさに合流直後から感激しておりました。

そしてこの日お会いしたうちのお二方はなんとアンドロメダ出身の方々。
同郷のお仲間にも再会できました♡嬉しいな♡

まずは京都は宇治方面、天ヶ瀬ダムへ。
地元では有名な心霊スポットらしいですが、雰囲気が沼沢湖に似てるな~と思いました。
Mariaさんの歌声に合わせ、ひふみ祝詞やあわの歌を歌わせて頂きました。
光がキラキラと煌めいていて心地よかった。
琵琶湖を源流として瀬田川から宇治川、淀川、そして大阪湾へと至るこの水の流れ、もともとは神聖なものだったのでしょうね。(そして今も)

 

滋賀方面へ向かう途中、運転手をして下さったお仲間さんの氏神様である宇治田原の雙栗(さぐり)天神社に立ち寄らせて頂きました。


いや~~すごく素敵な場所でしたっ。拝殿の裏の山を少し登っていくと奥宮の磐座があり、
そちらで再びワーク。紫の光が見えていました♡
古来、名前もないような大きな(宇宙?)のエネルギーが最初に降り立った場所なのではないかとのこと、素敵ですね。
 
宇治田原から滋賀県に抜ける途中にある猿丸神社へにも立ち寄りました。


「奥山に 紅葉踏みわけ 鳴く鹿の 声きく時ぞ 秋は悲しき」

の歌で有名な猿丸太夫がご祭神です。狛犬ならぬ狛猿ちゃんwwかわいい!
この記事を書こうと思って調べ物していて知ったのですが、猿丸太夫は陸奥国小野郷(南会津郡下郷や田村郡小野町、新潟県東蒲原郡阿賀町)出身という説もあるようで、地元との見えない繋がりを感じました。

そこから滋賀県大津市に入り、瀬田川の流れを遡り立木観音へ。
佐久那太理(さくなだり) に落ちたぎつ速川~♪のごとく轟々と流れる瀬田川。
深いブルーグリーンの水面が印象的です。

 
弘法大師ゆかりの立木観音、こちらでは有名な厄除け観音らしく、人がいっぱいでした。
700段以上ある階段を上るのですが、これがなかなかキツい。。そして天気も5月中旬のような暖かさで汗だくでした。笑 
会津にも立木観音が坂下の塔寺にありますが、 この旅ではなんだか地元との地名などの妙なシンクロがあり、立木観音で雑談していた時にも「阿賀」のキーワードが出てきて、この後阿賀神社にも行くことになりました。笑

東北の小さな会津の地と、西のエネルギーは何か見えない形で繋がっているのかもしれないですね。そして実際に赴くことでこの両方のエネルギーをより深く繋ぐことが必要だったのかもなぁなんてそんなことを思いました。 

立木観音でのワークを終え、お昼御飯は石山寺の脇にある小松家さんへ。
しじみ御膳♡ 旅先の土地のものを頂けることは本当に嬉しいです。

   
琵琶湖から瀬田川、宇治川、淀川、大阪湾に続くこの一本の水の流れ。
この流れに沿って色々な歴史があったのだな~と、訪れる場所場所で思いました。
壬申の乱や宇治川の合戦、槇島の戦い、鳥羽・伏見の戦い…
どの時代にも何かしらの繋がりを感じるのは、行き先は殆どお任せ状態なのだけれど自分の必要なところに行くようになっているからなのかもしれないですね。

廻っている時は分からなかったけど、旅を終え今振り返ると無性にそう思えてなりません。



もう少し続きます。


Noa

女神とのつながり

Posted by Anna(旧:Noa) On 2013年3月7日木曜日 0 コメント


本来、豊穣多産の植物神としてイシュタルやアスタルテー同様に金星の女神であったが、このことはホメーロスやヘーシオドスでは明言されていない。しかし古典期以降、再び金星と結び付けられ、ギリシアでは金星を「アプロディーテーの星」と呼ぶようになった。現代のヨーロッパ諸言語で、ラテン語の「ウェヌス」に相当する語で金星を呼ぶのはこれに由来する。

グレゴリオ聖歌でも歌われる中世の聖歌『アヴェ・マリス・ステラ』の「マリス・ステラ(Maris stella)」は、「海の星」の意味であるが、この星は金星であるとする説がある。聖母マリアがオリエントの豊穣の女神、すなわちイシュタルやアスタルテーの系譜にあり、ギリシアのアプロディーテや、ローマ神話のウェヌスの後継であることを示しているとされる。(wikipediaより)


先日よりスタートした、横浜Arganza様の読書会B「愛と性と母権性」に参加しております。
「母権社会」や「太母神、フェミニズム」について勉強していく素敵な会です。
うん、きっとこのテーマ、個人的にもずっと扱っていくことになるんじゃないかな。胸の高鳴りと共になぜだかそう思ってます。
こちらに参加させて頂くにあたり、N. クォールズ‐コルベットの「聖娼」をまず手に取りましたが、いや~、女性のセクシャリティや現代の社会に対する見方がガラっと変わりますネ~。皆さんにおススメしたい素晴らしい本です。
このタイミングで読書会へ参加させて頂くことになったのもやはり必然の流れだと感じています。

しかし最近自分の魂のルーツがアンドロメダ銀河の天使界のエナジーだったことを知ったのですが、どうもこの『女神』という存在とも何かしらの繋がりがありそうです。
女神に興味を持ちだしたのは確か小学生の頃、図書室で読んだ本に女神アテナが載っていたのがきっかけだったと思います。

ギリシャ神話はアテナ、そしてアフロディーテがなぜだか昔からとても好きで…、
そしてアフロディーテに対応すると言われるローマ神話のヴィーナスや、シュメールのイナンナやバビロニアのイシュタルなども。
また、私はクリスチャンではないのですが聖母マリアやマグダラのマリアという存在とも昔からご縁があるようで…折々に彼女達からアピールがあるんですよね(笑)

この女神たちは上のwikipediaからの引用からも分かる通り、金星や海と結び付けられています。
名前は違いますが、ソース的なところは一緒なのでしょう。
去年の秋頃、海の向こうから輝く裸体の女性がイルカや天使やフェアリーたちを大勢引き連れてやってくるというビジョンを観ましたが、あれは金星の女神だったのでしょうか。

もしかしたら聖娼やヒエロス・ガモス(聖婚)、神殿娼婦、へタイラという言葉や体系が生きていた頃、マグダラと同じように私も女神を祀る神殿に仕えていたのかもしれないとさえ思います。 そしてそれよりもっと古い時代から、これらの女神のソースとなるエナジーと親しみがあったのかもしれません。金星、そしてシリウス。。。

ビジョンとして思い出すわけではないのですが、ここ最近は明確な理由もないのに細胞の一つ一つに女神の感覚が蘇って行くような、不思議な日々を送っています。
本棚に少しずつ母権社会や太母神・女神の本が増える事が最近の楽しみです。
あらゆる角度から、太古のフェミニズムと女神を探求していきたいと思います。


ところで、アフロディーテの愛人だと言われる戦いの神アレス(マルス)。
私結構好きなんですよね~。ヘタレっぽくて。笑
愛人関係だと言われてる二人の神ですが、正式な夫婦であると言われているものもあります。
この二人、男性と女性の二極のそれぞれの質を上手く表しているなあと思っています。
この二人の子供の一人にハルモニア(調和)という女神が産まれたのも 、微笑ましいです。
荒くれ者なイメージの彼ですが、ギリシャ神話のアレスもローマのマルスも、どちらも元々はギリシャやローマの神ではなかったようで、古代はもっと別な性格の神であったかもしれません。

7年前に描いた2人の絵がでてきたのでツッコミどころ満載ですが、貼ってみます。
懐かしい・・・。笑



皆さんの聖なる女性性、そして男性性が美しい光を放ち、
統合へと導かれますように☆

愛を込めて。



Noa


スピリチュアルな部活動<Metaphysical∞Aizu> 参加者募集中
☆再神聖化のお手伝い<レコンセクレーション>アチューメント モニター価格実施中